閉じる
不屈の男・金子貴志の奮闘記 〜40代の挑戦〜

【金子貴志のピンチ】冬の土砂降り朝霧高原! “最悪”は醍醐味にもなるということ

2023/01/24 (火) 18:00 16

 netkeirinをご覧の皆さん、こんにちは。金子貴志です。年始の慌ただしさも落ち着いてくる頃でしょうか? 私は1月26日〜29日に行われる地元・豊橋競輪の記念開催に向けて、日々練習に励んでいます。開催中の土曜日と日曜日には子どもから大人まで楽しんでもらえるようなイベントもたくさんあるので、ぜひ遊びにきてくださいね。私もレースで魅せられるように精一杯頑張ります。応援よろしくお願いします。さて、今回のコラムでは久々にキャンプのことを書きたいと思います。2022年末のキャンプは自然の厳しさを思い知ることになりました。

久々のキャンプ(写真:YouTubeCH「カラフルスタイルTakashi Kaneko」より)

人気のキャンプ地「朝霧高原」へ

 昨年12月末、山田二三補さんと知人の3人で、静岡県朝霧高原にある「朝霧ジャンボリーオートキャンプ場」に行ってきました。このキャンプ場は富士山が目の前にあることから“絶景が楽しめる”と大人気のキャンプ場です。久々のキャンプということもあり、行く前からみんなテンションが上がっていました。

 ところが天気予報はあまり良くなく、その点は心配でした。そして案の定、予想以上に早く雨が降り始めてしまいました。しかし雨のキャンプは雨のキャンプでいつもと違う情緒があり、天気の良い日に楽しむキャンプとは別の良さを感じました。

あいにくの天気の中にも良さがある(写真:YouTubeCH「カラフルスタイルTakashi Kaneko」より)

“悪い”が“良い”ってこともある

 雨の中で強行したキャンプでしたが、今回は『贅沢キャンプ』と銘打って、松茸や高級スペアリブを準備していきました。また、大事に育てたアガベを持って行き、「焚き火とランタンに照らされたアガベを眺めながらウイスキーを飲む」という念願を叶えることができました。まさに至福の時間が流れました。

見るだけで美味しそうな貫禄の松茸(写真:YouTubeCH「カラフルスタイルTakashi Kaneko」より)

豪快に焼くスペアリブ(写真:YouTubeCH「カラフルスタイルTakashi Kaneko」より)

ランタンに照らされて色気を魅せるアガベ(写真:YouTubeCH「カラフルスタイルTakashi Kaneko」より)

 このキャンプ場は晴れた日の夜に星がとても綺麗に見えるのですが、今回は残念ながら見えず…。それでもテントにあたる雨音に風情があり、お酒もすすみ、心地良かったです。天気の悪い日のキャンプも目線を変えれば「その時しか体験できない素晴らしさ」に出会うことができます。「雨の日のキャンプもクセになりそうだな」と思いながら眠りにつきました。

冷え込み厳しく雨も強くなっていった夜(写真:YouTubeCH「カラフルスタイルTakashi Kaneko」より)

練習よりもキツイ! 土砂降りの片付け

 しかし翌朝…。もう情緒だの風情だのは言っていられない勢いの雨に襲われました。道具をしまったり、テントを畳んだりの片付けも土砂降りの中でやる羽目に。冬ですから当然寒いのですが、とにかく雨が冷たくて地獄でした。

 競輪選手として数々の苦しいトレーニングに励んできましたし、過酷な環境ほど燃える性分なのですが、それでも耐えられないほどの環境に身を置きました。高原の冬キャンプで土砂降りに打たれながらの片づけは、どんな練習よりもキツイかもしれません。「練習がキツイ」と弱音を吐いている選手がいたら、「天候の悪い日のキャンプでメンタルを鍛えるように」とアドバイスできそうです(笑)。

最悪に感じることにこそ醍醐味があるのかも

テントにブルーシートをかけなくてはならないほどの雨だった(写真:YouTubeCH「カラフルスタイルTakashi Kaneko」より)

 とりあえず何でもかんでも車に詰め込んでキャンプ場を後にしたのですが、車の暖房をMAXにしても震えが止まらず。「温泉に寄るしかない!」と行ってみれば開店時間前で断念…。なかなか体験できない最悪の状況でしたが、帰宅後はどんな苦しい練習にも耐えられるような気持ちになりましたし、今は『いい思い出』になっています。

 また、過酷な状況を味わってみると不思議とまた過酷な状況を味わってみたくなるものですね。「自然が相手のキャンプなら自然の厳しさを味わってこそ」といった“あえて”条件の厳しい環境を好む上級キャンパーもいると聞いています。その時は“最悪”と思っていても、案外それが“醍醐味”ということもあるのかもしれません。これはキャンプに限らず、私にとっての競輪、みなさんにとっての仕事にも言えることなのかもしれません。ただ、次回は晴れた日に行って、富士山と星を眺め、夜は自分が育てた植物を見ながらお酒を飲みたいです(笑)。

 私のキャンプシーズンは冬限定で「3月まで」と決めています。シンプルにやるキャンプ、贅沢にやるキャンプ、色々なキャンプを楽しみたいと思っています。まだ全国には行ってないキャンプ場がたくさんあるので、時間を見ながら遊びに行きたいですね。競輪選手として全国各地に行くので、さまざまな景色を見て、その土地その土地に触れて、日本の素晴らしさを堪能したいです。そして、その様子をYouTubeで共有したいと思います。そのためにも悪環境にも耐え得るキャンプスキルをもっと高めていきたいですね。

優しい灯に癒しの時間が流れる(写真:YouTubeCH「カラフルスタイルTakashi Kaneko」より)

【SNSはコチラ】
金子貴志YouTubeCH|カラフルスタイル
金子貴志Twitter
金子貴志instagram

このコラムをお気に入り登録する

お気に入り登録済み

バックナンバーを見る

質問募集

このコラムでは、ユーザーからの質問を募集しております。
あなたからコラムニストへの「ぜひ聞きたい!」という質問をお待ちしております。

不屈の男・金子貴志の奮闘記 〜40代の挑戦〜

金子貴志

Kaneko Takashi

愛知県豊橋市出身。日本競輪学校75期卒。2013年には寛仁親王牌と競輪祭を制し、同年のKEIRINグランプリでも頂点に。通算勝利数は500を超え、さらには自転車競技スプリント種目でも国内外で輝かしい成績を収めている。またYoutubeをはじめSNSでの発信を精力的に行い、キッチンカーと選手でコラボするなどホームバンクの盛り上げにも貢献。ファンを楽しませることを念頭に置き、レース外でも活発に動く中部地区の兄貴的存在。

閉じる

金子貴志コラム一覧

ニュース&コラムを探す

検索する
投票