毒熱!闘う競輪記者マッチーが行く!

【金亀杯争覇戦開催前】出場選手を完全網羅! 一人ひとりを毒断チェック【後編】

2021/01/20 (水) 19:01 6

21〜24日、松山競輪開設71周年記念「金亀杯争覇戦」が開催となる。今回は初日出走順に全選手を“毒”断チェックする。続いて7〜11R。

▶松山7R
中井俊亮
近畿の厳しい掟の中で育っているせいか、行く時は行く、先行選手。自分が勝ちに行く時と、そうでない時の、メリハリはある。
塚本大樹
展開次第の追い込み選手。目立ったヒットも特にない。
小林泰正
関東の一番前を任せてもらっても、何度も失敗している。あの平原康多の前でも行かなかったのは有名。師匠は叔父の小林潤二だし、競輪道を分かっていると思うが、意外とそうでもない。長距離の選手だし、地脚タイプ。
金ヶ江勇気
点数通りの自力選手と言った感じ。
川村晃司
器用さはないが、頑固一徹。先行に拘りも持っている。惜しいところで、SS級になれそうな事もあった。近畿の選手にしては若手に何にも言わない選手の一人。
渡辺航平
雰囲気がナルシストと言った感じだ。
小林大介
いつも笑顔の大ちゃんだが、意外と腹黒く策士。計算高いところもあるが、みんなから人気がある。これぐらいの辛口を言っても、許してくれるはず。
屋良朝春
レースを壊すのが大好きなクラッシャー。この人がいると、荒れるレースが多い。
佐藤真一
ザ・競輪選手の一人。腹は据わっているし、動じない。こう言う選手が最近は少なくなった。

▶松山8R
佐々木豪
名前と同じく豪快。計算高く振る舞っているのか、地なのか分からない。どうあれ、今回は地元戦なので良いレースをやるだろう。
渡部幸訓
自力を捨ててから点数が上がった。一瞬のキレ味が持ち味。
佐藤亙
少し自力が残っているので、中部の前を任せられる事もある。
高木翔
今回は師匠の佐藤友和と一緒。千葉の成田に冬期移動中。基本的に捲り屋だ。
坂田章
目立たないが、時たま突っ込んで穴を出す。
松崎貴久
A級から上がってきたので点数はないが、前前期のS級では103点持っていた。
久米良
成績は抜群に良いけど、まだ強いと思えるレースが少ない。何となく、点数を上げた感じ。それが小倉竜二辺りと違うところ。
永井清史
オリンピックのメダリスト。ダッシュだけでは、競輪では通用しないが、今更ヨコをやれと言っても無理。北津留翼の再ブレークもあるし、あれをお手本にするのがベスト。
山崎将幸
あまり欲がない印象。それがレースにも出ている。

▶松山9R
大塚玲
個人的に好きな顔をしているので、僕が女性なら好きになるタイプ。それでいて、高校生以上の子供もいる。
小堺浩二
器用ではないし、混戦になった時の捲りが強い。
取鳥雄吾
今年からアオケイスタジアム(民間投票サイト)とスポンサー契約。個人的にも絡んでいるので、早く、記念のひとつやふたつ取って欲しい。
山本紳貴
夫婦2人で走っている。嫁さんが復帰するまで、もっと稼ぎたい。
松岡篤哉
クリス松村に似ているので、クリスと呼ばれている。兄弟弟子の竹内雄作と一緒で、逃げないともろい。
肥後尚己
脚はないけど、競るのが好きな人。
筒井敦史
完全なる突っ込み屋。番手より3番手、4番手の方が持ち味が出る。
大瀬戸潤一郎
良い時は、自力もあったが今は展開次第。
土屋裕二
僕らにも普段からため口だが、悪い気にはならない。44歳には見えないし若い雰囲気。

▶松山10R
柴崎俊光
浅井康太と高校からの同級生。ライバル心もあるが良き友だ。最近、肝心な時にマークを外すし、そこも修正点のひとつ。
島川将貴
小松島バンクの番人と呼ばれている。誰よりも多く、バンクに入っている。その努力で、ここまで来た。
齊藤竜也
何となくだが、昔から、この位置にいる。
伊藤正樹
大ギヤの時代で一人だけ54とかの軽いギヤ。それでもタテはシャープ。
藤田大輔
成績を見れば分かるし、補充職人の一人。呼ばれれば、どこにでも行く感じだ。
菅原裕太
2百勝達成で一区切りついた。
福島武士
福岡の松尾兄弟と一緒で、この兄弟もどっちがどっちか分からない。
野本翔太
一時期、強引な自在戦をやっていたが、その走りが影をひそめた。
吉田茂生
あどけない雰囲気だが、もう30歳になった。引退したが、父親も選手だった。

▶松山11R
荻原尚人
前走のいわき平で、金網近くまで行く走法で失格を取られた。最近ではなかった失格。
大川龍二
自力でやったり、番手を回ったり大変だろう。
稲毛健太
スピードは誰もが認めるところだが、安定感がない。人気になっても安心して見ていられないので、穴で少しだけ買う選手。
佐藤康紀
3着取りの名人のひとり。どんなメンバーでも、3連単の3着には入れておいた方が良い。
前田拓也
マエタク。やっぱり、昔は強かったなあ〜。
近藤誠二
外でなく、内を踏むマーク選手。
山田久徳
数年前まで、村上義弘と一緒だと必ず行っていた。そろそろ、それを回収する頃だ。
佐伯亮輔
初のS級。今回、4番車、6番車、8車に入り、どこかで穴を出すかも。先行有利なお皿バンクだし、脚質的に合っている。
佐藤和也
ダッシュがないのが欠点。もう自力はやめたようだ。


Twitterでも競輪のこぼれ話をツイート中
▼町田洋一記者のTwitterはこちら

このコラムをお気に入り登録する

お気に入り登録済み

バックナンバーを見る

質問募集

このコラムでは、ユーザーからの質問を募集しております。
あなたからコラムニストへの「ぜひ聞きたい!」という質問をお待ちしております。

毒熱!闘う競輪記者マッチーが行く!

町田洋一

Machida Yoichi

基本は闘うフリーの記者。イー新聞総合プロデューサー、アオケイ・企画開発パブリストの肩書きも持つ。自称グルメでお酒をこよなく愛す。毒のある呟きをモットーにして、深夜の戯言も好評を得ている。53歳、独身で83歳の母親と二人暮らし。実態はギャンブルにやられ、心がすさみ、やさぐれている哀しき中年男である。

町田洋一コラム一覧

ニュース&コラムを探す

検索する