閉じる
高木真備のみんなに届け♡マキビーム

酸欠かと思うぐらい緊張した昨年…競輪祭の振り返りとGGP前の心境/高木真備コラム

2021/12/20 (月) 12:00 15

高木真備選手のホンネをお届けするnetkeirin連載コラム。女性カメラマン市橋織江さんが新たに撮り下ろしたお写真と共に、競輪祭の振り返りとガールズグランプリへの想いをお届けします。
(撮影場所:たちかわ競輪場 メインスタンド5F ロイヤルルーム)

撮影:市橋織江

ーー競輪祭の振り返りをお願いします。

 追加のあっせんが入り、宇都宮出走のあと中0日で豊橋に行って、それから中2日で競輪祭というスケジュールでした。すごくいい経験になったのですが、疲れました(笑)。

 豊橋はミッドナイト開催だったので、そこから競輪祭のため小倉へ移動するとなるとほとんど中1日。ガールズケイリンをやってきて、一番くらいにキツかったかも。

ーーかなり厳しいスケジュールでしたね。パフォーマンスはどうでしたか?

 追加あっせんのお陰で、賞金の面で余裕をもって競輪祭に挑むことができました。それはよかったのですが、とりあえず今できることを精一杯やろうというレースになってしまったのは反省点です。

 今年の競輪祭は、賞金ランキング的に一戦も落とせないという緊張感がありました。優勝したいと思っていたのでそこは残念でしたが、レースで大崩れせず目標だったグランプリの出場権がとれたので、自分の中ではよしとしています。

ーー小倉でおいしいものは食べられましたか?

 毎年競輪祭のあとに行く焼肉屋さんがあって、今年も行くことができました! 競輪祭終わったな〜! って感じがしました(笑)。

撮影:市橋織江

ーーもうすぐグランプリですが、今の気持ちを教えてください。

 去年はめちゃくちゃ、もう絶対優勝するんだ、みたいに意気込んでいたんですけど、その分今までで一番ぐらいに緊張しちゃって。

 自分に期待もしていたし、周りのみんなが応援してくれていたのもわかっていたので、勝手に気負って、1週間ぐらい前から酸欠になるんじゃないかっていうほど苦しくて…。

 それだとレースも楽しめないし、いつもの自分でいられないのがすごくわかったので、今年は気楽に臨もうとしています。

 もちろん勝ちに行くのが一番なんですけど、勝ちたい勝ちたいと思いすぎても…結局去年はとれなかったので。だったらもう逆の発想で。

 今年ぎりぎりで出場が決まって、ガールズグランプリはやっぱり出場したい舞台なんだなって、改めて出られることのありがたみを感じました。このありがたみを思う存分に味わって、レースしたいなと思います。

撮影:市橋織江

カメラマン:市橋織江
Hair & Make-up:堀川 知佳
協力:たちかわ競輪場
取材・構成:netkeirin編集部 伊藤千裕

※制作スタッフ全員がPCR検査陰性を確認し、感染予防対策を十分に行った上撮影いたしました。


真備選手への質問募集中!

 今回は質問コーナーはお休みでしたが、引き続き高木真備選手への質問を募集しています。以下のフォームよりお送りください!

※選手本人のSNSへの質問には回答できません。必ずこちらのフォームをご利用ください。

このコラムをお気に入り登録する

お気に入り登録済み

バックナンバーを見る

質問募集

このコラムでは、ユーザーからの質問を募集しております。
あなたからコラムニストへの「ぜひ聞きたい!」という質問をお待ちしております。

高木真備のみんなに届け♡マキビーム

高木真備

Takagi Makibi

ガールズケイリン106期。2014年に奈良競輪場でデビューし、玉野競輪場で初優勝する。2016年のガールズケイリンコレクションでファン投票1位を獲得して、優勝。同年末にガールズグランプリ初出場を果たす。2020年には、特別競輪ガールズケイリンフェスティバル(いわき平)で完全優勝し、同年のガールズケイリンコレクション(伊東)も優勝した。

閉じる

高木真備コラム一覧

ニュース&コラムを探す

検索する
投票