【競輪賞金ランキング】郡司浩平が首位を譲らず!野口裕史は11位に浮上

2021/04/20(火) 06:00 0 2

見事GIII初優勝を達成した野口裕史

 西武園競輪場で8日〜11日に開催されていた「ゴールド・ウイング賞」。
当レースはS級S班の平原康多(38歳・埼玉=87期)がまさかの不在となった。

 最終日の決勝では、野口裕史(37歳・千葉=111期)が逃げて1着、2着には岡村潤(39歳・静岡=86期)、3着には守澤太志(35歳・秋田=96期)が入った。野口は、完全優勝でGIII初優勝を達成した。

 ゴールド・ウイング賞の優勝賞金は、381万円。
最新の賞金ランキングTOP20は以下のとおりとなった。

賞金ランキングTOP20(4月19日現在)

順位選手名獲得賞金
1郡司浩平45,928,000円
2清水裕友35,820,000円
3松浦悠士35,508,000円
4平原康多24,628,400円
5和田健太郎23,540,400円
6守澤太志23,095,000円
7諸橋愛19,001,000円
8古性優作18,210,000円
9松本貴治13,753,600円
10稲川翔13,418,000円
11野口裕史13,308,000円
12渡邉一成13,224,000円
13岡村潤12,731,000円
14武藤龍生11,619,000円
15佐藤慎太郎11,326,000円
16園田匠11,226,000円
17高橋晋也10,954,000円
18山口拳矢10,943,000円
19桑原大志10,708,000円
20浅井康太10,557,000円


新着ニュース

ニュースランキング

ニュース&コラムを探す

検索する