閉じる

【PIST6】神がカミング”単勝62倍的中”に沸き立つたんぽぽ川村、桜花、ハリウリサも回収率は「あれ?」

2021/12/23(木) 19:30 0 1

『目黒区突っ張り娘』として配信チームを組んでいるお笑いコンビ『たんぽぽ』の川村エミコ氏と山登り系お笑いタレントの桜花氏の2人に、急遽代打として登場した『ダウンタウン浜田雅功氏も公認』のものまね芸人ハリウリサ氏を加えた3人は、共遊型スポーツベッティングサービスTIPSTAR独占配信の『PIST6(ピストシックス)のTIPSTARライブ配信』に出演した。『目黒区突っ張り娘』としてのTIPSTAR登場は今回で3回目となる。

桜花の本命外しの勝負が的中! 単勝62倍で大きく取り戻したようだったが?

PIST6出演がクリスマスプレゼント」と、クリスマス会をキャンセルしたハリウリサ

 当初は『綾瀬はるかのモノマネ芸人、沙羅氏』が登場予定だったが、急遽の変更でハリウリサに決まったようだ。代打として会場にやってくるハリウリサを待ちながら、川村エミコと桜花の2人で始まった配信は、過去出演時の振り返りや、クリスマスプレゼント企画のある今回配信の解説をしながら和やかに始まった。ダジャレの『D-1グランプリ』優勝者である桜花の本日1発目「(クリスマス企画の)靴下を、発掘した(くつした)ー!」というダジャレを川村がサラリと流した頃、ハリウリサが登場し、得意の浜田雅功のマネをしながら着席した。

「代打出演の連絡が来たのがクリスマスパーティに行こうとしていた時でしたが、こっちの出演を取りました! ずっと出たいと思っていたので、ある意味クリスマスプレゼントだと思って今日は絶対当てて帰ります!」と今日の抱負を述べていると、ちょうどレース前の演出『BIRTH』が始まった。PIST6ではレースの開始前に1日2回、光と音響を駆使した演出『BIRTH』が披露され、PIST6 DANCERSによるダンスで会場を盛り上げる。

 PIST6 DANCERSの華やかなダンスを観てテンションが上がった3人。川村が「どんつく♪どんつく♪どんつく♪」と独特のビートを刻みながらワイプで踊りを披露。踊りながら「いつか私たちもダンサーズで出るのが目標だから!」と宣言した。桜花は先日、TIPSTAR DOMEまで観戦に行きアリーナにてPIST6 DANCERSを目の前で見たことを告白。「ホント目の前で、すごく近くでみれて最高だった!」と感想を述べた。

  そんな話の中、期間限定で来場者にプレゼントされていた14色に光るPIST6オリジナルライトにハリウリサが食いつき「推しの色で応援ができるんですね、すごい! ライブみたいだ」、とコメントすると川村は「でも黒がないから黒が推しの時は消して応援するわ」とマイルールの解説。推しのカラーを調べながら、レースの予想に入っていった。

「連勝、だけど収支が」ガミりの沼から出るための川村の決断

勝ってはいるのだが、どうも金額がついてこない。その理由は迷って買いすぎの「ガミリ」

 レースの序盤では、3人で話し合いそれぞれの希望をほぼ取り入れていく形でベッティングをしていたところ、幅広く買いすぎて「勝ってるのに、ガミる(総ベットの金額を払戻金が下回り、マイナス収支になる)」状態に。そこで川村が4レース目からは当たりやすいが配当の低い「2車複や3連複」でなく、より予想は難しいが高配当になる「2車単や3連単」でいこうと提案。

 また、前日が誕生日だった川村が42歳と1日目であることからチームのラッキー数字として使用し、ここまで成績を上げていた「1、4、2」なども「ひとり1単で選ぼう!」とそれぞれ「1-4」や「2-4-1」などを単勝で1人ずつ選ぶことになった。しかし結局は、やっぱりこれは捨てられない!などの迷いが捨てきれないまま、この日のデイ開催は最終レースに。

 最終第6レースには今回優勝候補の雨谷一樹選手が登場。単勝1.0の人気は外せないけど配当は低くなっちゃう…と悩む川村とハリウリサ。そんな中で大穴狙いの桜花が2番人気で2番の神山拓弥選手を単勝で選択。車券購入係の川村から「神たん(単)ね? いいのね?」と最終確認されると「“好き”で選んでいいですか?」と桜花が決意の表情。「ずっと好きで選んでるじゃない!」と川村にツッコまれた。川村とハリウリサは1-2の二車単、1-2-4の三連単を購入。
「あたしたちに、複はいらない! 人生1回きりだし、タンタンタタンの単でいきましょう」と高らかに宣言する川村に、このあと神は微笑んだ。

決意をした42歳と1日目の川村エミコの宣言で緊張が走る最終レース

「神はいた」1番人気を捨て、単勝62倍を選んだ結果!

 1番人気の雨谷選手は前日のタイムトライアルでも1位、オッズも全て雨谷選手の人気を中心に動いていることが明かだと解説する川村。しかし最終周回、力強く伸びたのは「競輪の神」「競輪国宝」の名を冠するレジェンド神山雄一郎を叔父にもつ、神山拓弥選手だった。結果は1着神山選手、2着雨谷選手、3着に雨谷選手をマークしていた5番の小松選手という波乱の着順。

 「単勝62倍的中! 神はいたわ、栃木の神」単勝を買った桜花よりも興奮しながら歓喜する川村。今日はずっと栃木所属選手を推していた川村、最後に「だって魅力度最下位県に何度も選ばれてるんだもの、根性あるわよ。栃木の根性強いわよ」と予想外の理由を明かした。

最後に戻すも、終盤まで絞らず買いすぎたツケが。次は「単で!」
 しかし、この日のベット額の合計は30,000円で、的中額は18,920円。6連勝でありつつも回収率は100%を超えることはなかった。ただ、今回で学んだこととして川村は「これからは勇気を持って、“単たん、タタ単”で行けば神もいる。レベルアップしました!!」とのこと。次回以降の『目黒区突っ張り娘』の躍進を期待したい。

最後に、三人それぞれへのTIPSTARからのクリスマスプレゼントは…

 TIPSTARアプリではミッションをこなすと応募できるクリスマスプレゼント企画が開催されていたが、この日のTIPSTARライブ配信では「的中額1000円につき1回のくじ引きをする」という特別ルールでくじ引きが行われていた。レースの結果、的中額が18,920円ということで合計18回のくじ引きが行われた。

 この日、数多いベットよりもやけにクジ運が良い川村と桜花はamazonギフト券当てていく。そんな中、4度の挑戦に全て末賞の「雪だるまチョコレート」を引いたハリウリサ。川村に「むしろすごいわよ、全部雪だるまチョコ引けるの」と言われながらそれぞれのクリスマスプレゼントを手に、記念撮影が行われた。

ある意味ですごい、末賞を引き続け浜ちゃんのモノマネを続けるハリウリサ

 そして単勝で神山選手を指名した本人の桜花は「神が、カミング♪」と得意のダジャレで締めくくった。

 次回、PIST6(ピストシックス)のTIPSTARライブ配信は12月25(土)と26(日)となり、25日のデイ配信にはお笑い芸人『エルシャラカーニ』のセイワ太一氏、同じくお笑い芸人のスギちゃん氏、『サツキ』の門脇のりや氏による『チームワイルド』が初参戦。ナイト配信は門脇にかわり『カチューシャ』の石原アポストロフィー氏が加わる。また翌日26日にはお笑い芸人『ピスタチオ』の伊地知大樹氏と小澤慎一朗氏に、デイは『ジョイマン』の高木晋哉氏、ナイトは高木に代わり同じく『ジョイマン』の池谷和志氏が加わっての『チームホワイトアイズ』が3回目の登場だ。

 25, 26日のPIST6は年内最後の開催となる。初参戦の『チームワイルド』の力量は未知数だが、スギちゃんは2008年の有馬記念で334万円の万馬券を当てた「持っている」男である点に期待したい。一方『チームホワイトアイズ』は初回こそ回収率100%超えだが前回はなんと0勝の苦杯をなめた。次回配信での再起を誓った前回約束を果たせるのか!? それぞれに目の離せない配信となる。

TIPSTAR.COMPIST6を視聴する

閉じる

新着競輪ニュース

ニュースランキング

ニュース&コラムを探す

検索する
投票