【瀬戸の王子杯争奪戦】怪物先行も小籠包の食べ放題で増えた体重には勝てず…

2021/03/04(木) 16:50 0 1

広島競輪場で4日に初日を迎えた「瀬戸の王子杯争奪戦in広島」。
初日5レース、普段通りの先行を見せるも同期門田凌に捲られた野口裕史。2日目以降の巻き返しが期待される。

2日目以降の走りに期待される野口裕史

 ハンマー投げのエキスパートだった野口裕史。それゆえ身体能力は高く、陸上時代は100mを11秒台で走ったとか。

「今回は成清君の事があって、あまり自転車に乗れていない…。体重も食べ過ぎで100㎏を超えてしまった(苦笑)。今回も家族3人でイオンに行き、小籠包の食べ放題の店に行ってきた。普通に小籠包6個入りの皿を6皿とチャーハンは一通り。さらに餃子やラーメンも。最後はデザートで締めたけど、子どもは家にドーナツがあるからと言い、ゴマ団子を食べない。俺1人で、もとを取ってきました」。

 負けてもクヨクヨしないのも、見ていて気持ち良い。残り3日間は、本来の逃走劇を見せる。(町田洋一)

新着ニュース

ニュースランキング

ニュース&コラムを探す

検索する