脇本雄太、新田祐大ら出場 『2021UCIトラックネイションズカップ』が13日から開幕

2021/05/13(木) 06:00 0 5

代表選手の脇本雄太(左)と新田祐大(右)(撮影:島尻譲)

 香港で開催される『2021UCIトラックネイションズカップ』第2戦がいよいよ13日に開幕する。

 派遣されるのは、オリンピックでメダルを狙う脇本雄太新田祐大小林優香ら20人。先日のガールズケイリンコレクション京王閣ステージで初優勝を飾った佐藤水菜、今年出場したガールズケイリンのレースではすべて1着と絶好調の太田りゆもメンバーに名を連ねている。

 トラックネイションズカップは、昨年まで行われていたUCIトラックワールドカップに代わる新たな大会で、4月にイギリス、5月に香港、6月にコロンビアの計3大会が予定されている。しかし、4月のイギリス大会は新型コロナウイルス感染拡大により中止となっていた。

 東京オリンピックを目前に控え、数少ない国際大会への参加となっており、代表選手の活躍を注目したい。

■2021UCIトラックネイションズカップ

【大会名】
2021UCIトラックネイションズカップ第2戦

【派遣場所】
中国(香港)

【大会期間】
2021年5月13日〜16日

【大会派遣期間】
2021年5月9日〜18日

■派遣選手一覧(20名)

選手名所属チーム
新田祐大(JPCAドリームシーカーレーシングチーム/JPCU福島)
脇本雄太(JPCAチームブリヂストンサイクリング/JPCU福井)
深谷知広(JPCAドリームシーカーレーシングチーム/JPCU静岡)
中野慎詞(岩手ドリームシーカーレーシングチーム/日本競輪選手養成所)
山崎賢人(JPCAチーム楽天Kドリームス/JPCU長崎)
松井宏佑(JPCAチーム楽天Kドリームス/JPCU神奈川)
小原佑太(JPCAドリームシーカーレーシングチーム/JPCU青森)
新山響平(JPCAチームブリヂストンサイクリング/JPCU青森)
小林優香(JPCAドリームシーカーレーシングチーム/JPCU福岡)
太田りゆ(JPCAチームブリヂストンサイクリング/JPCU埼玉)
梅川風子(JPCAチーム楽天Kドリームス/JPCU東京)
佐藤水菜(JPCAチーム楽天Kドリームス/JPCU神奈川)
橋本英也(岐阜チームブリチストンサイクリング/JPCU岐阜)
今村駿介(福岡チームブリヂストンサイクリング)
窪木一茂(福島チームブリヂストンサイクリング/JPCU福島)
兒島直樹(福島チームブリチストンサイクリング/日本大学)
梶原悠未(茨城筑波大学大学院)
中村妃智(千葉株式会社JPF)
古山稀絵(東京チーム楽天Kドリームス/日本体育大学大学院)
鈴木奈央(JPCAチーム楽天Kドリームス/JPCU静岡)

■選手コメント

東京五輪 短距離種目代表内定 新田祐大
 昨年、「オリンピック以外では、国際競技人生最後」だと決意して臨んだワールドカップでしたが、オリンピック延期に伴い、再び世界で戦う機会を与えていただきました。世界中が先の見えない不安に苛まれ大変な状況ですが、オリンピック開催前に、これまで全力で培ってきた力を存分に発揮し、世界に通用することをしっかりと証明したいと思います。競技を通して、皆さんの一筋の希望や光となれるよう精一杯頑張ってきます!

東京五輪 短距離種目代表内定 脇本雄太
 ネイションズカップ香港大会は、オリンピックの唯一の前哨戦として、万全かつ最高のパフォーマンスでレースに臨みたいと思います 。勝ちを獲りに行くのは もちろんのこと、レースの組み立てや戦略面も完璧を目指します。応援よろしくお願いします。

東京五輪 短距離種目代表内定 小林優香
 香港のネイションズカップは、オリンピック前最後の実戦です!!大会独特の緊張感と雰囲気を楽しみながら、レースでは持っている力を爆発させたいと思います。応援よろしくお願いします!

東京五輪 中距離種目代表内定 橋本英也
 オリンピック前のネイションズカップ、とてもワクワクしています。コロナ禍で大変な状況には変わりないですが、少しでも見ていただいている方に「面白いな」と思ってもらえるように全力で走ってきます!

東京五輪 中距離種目代表内定 梶原悠未
 今大会では、応援してくださっているたくさんの方々への感謝の気持ちを胸に、積み重ねてきた練習の成果を最大限に発揮し、世界チャンピオンの期待にふさわしいレースをしたいです。出場する全4種目での優勝を目標とします。

東京五輪 中距離種目代表内定 中村妃智
 今回は、オリンピックを想定したレース展開のトレーニングができると予想していましたが、オリンピックより出場組数が少ないことや、エントリーしている選手顔のぶれを見ると、また違ったレース展開になりそうです。しかし、私がやるべきことは変わりません。前方での位置取り、力強い交代で梶原選手にバトンを渡して、メダル獲得のため頑張ります!

新着ニュース

ニュースランキング

ニュース&コラムを探す

検索する