【前橋競輪】矢口大樹「地元戦なら甘えるけど…」/2日目レポート

2021/02/22(月) 16:45 0 0

2月21日から前橋競輪で開催されている「報知新聞社杯(FI)」。2日目4Rに出走し1着に入った矢口大樹に話を聞いた。

並びの理由について語った矢口大樹(右)

 A級決勝戦は3分戦になり、南関勢は分かれた。
佐々木眞也出澤拓也の神奈川勢。神奈川勢と別で矢口大樹の走り番手は静岡佐野恭太佐野恭太には小橋秀幸千澤大輔青森勢がマーク策。

「出澤君にも佐野さんにも、佐々木君の番手を回ってもよいと言われた。これが地元戦なら甘えるけど、そこまでみんなに気を遣ってもらうのも…。佐々木君はこれからの若手だし、出澤君もマークで売っている。佐野さんも3番手、4番手より番手の方がチャンスある。この方がスッキリするし、僕自身も走りやすい」と、この並びの理由を矢口は話す。

 前橋競輪場はデジタル横断幕と言うシステムが開始された。もちろん、普通の横断幕も多く掲げられている。佐野恭太の横断幕に「百折不撓」と言う言葉があったが、“ひゃくせつふとう”と読む。「何度も何度もくじけても、這い上がってくる」と言う意味だそう。

 佐野は「僕は何度も鎖骨を折った。その度に、更に強くなろうと。本当、この言葉に助けられています」。


優勝選手を予想してamazonギフト券を当てよう
▶全日本選抜競輪キャンペーン

<a href="

新着ニュース

ニュースランキング

ニュース&コラムを探す

検索する